【奄美】1月の奄美大島の天気と気温&服装

奄美の1月の天気

温暖な奄美大島も1月は冬真っ只中。強い北風が吹き雨や曇りの日が多く、気温もグッと下がります。ただ、1月初旬頃は晴れの日もあり、晴れた日は20℃まで気温が上昇することもあります。

奄美の1月の気温

1月の平均気温は14.8℃。温暖な奄美大島でも最低気温が10℃を下回ることがまれにあり、あられが降ることもあります。1月下旬頃になると本土より一足早く緋寒桜(ヒカンザクラ)が咲き始めます。

1月の平均気温と降水量

また、1月~3月はさとうきびの収穫期。さとうきびを積んだトラックを島のあちこちで見かけることができます。黒糖工場では黒砂糖の製造工程を見学できるところもあるのでぜひ訪れてみましょう。見学する場合は電話で必ず確認を!

奄美大島の製糖工場

株式会社奄美大島開運酒造

黒糖焼酎を作っている会社で黒糖工場も併設しており、さとうきびの収穫期のみ黒糖工場の見学ができます。

  • 大島郡宇検村湯湾字2920番3号
  • 休業日:日、祝日
  • 見学料:無料
  • 電話:0120-520-167

水間製糖工場

11月~6月末まで操業している製糖工場。昔ながらの手作業の黒糖作りを見学できます。人気の黒砂糖で美味しいと評判。出来立てほやほやの黒砂糖を食べられることも。

  • 大島郡龍郷町中勝169
  • 開店時間:8:00~17:00
  • 定休日:毎週月曜日(操業期間中)
  • 見学料:無料
  • 電話:0997-62-2431

服装について

セーターやタートルネックなど温かい服装が基本。中にはヒートテックなど温かい素材の肌着を着ると安心です。下はスカートよりもパンツスタイルがおすすめ。スカートの場合はタイツなどで防寒しましょう。風が強いので生足はおすすめしません。

また、ジャケットやブルゾン、コートなどを羽織ってしっかりと防寒対策をしましょう。首元はマフラー、ネックウォーマー、ストールなどで防寒対策を。

1月の行事について

奄美大島のお正月ではおせちを食べる習慣がありません。おせちの代わりに三献(さんごん)と言って、一の膳、二の膳、三の膳とお椀に入った吸い物と、お刺身を食べます。

この三献は地域や各家庭によってやり方や中身はさまざま。民宿によってはこの三献を食べられるところもあるかもしれません。

1月5日は紬の日。大島紬のファッションショーなど紬の日のつどいが名瀬エリアで開催されるのでぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top