【奄美】奄美大島のシーズン別天気と服装

奄美大島は亜熱帯気候に属するため年間を通して雨が多いです。そのため年間の日照時間(太陽が顔を出す時間)は日本一短いと言われています。年間の平均気温は21℃くらいで一年を通して温暖です。

ここでは奄美大島のシーズン別の天気と服装について紹介していきます。

奄美の天気

春(3~4月)

3・4月の服装

3月は天気が良ければ20℃を超えて汗ばむ陽気のことも。しかし、日によっては強い寒気が訪れることもあり、肌寒く感じることもあります。

4月に入ると晴れの日も多く、夏のように暑い日もあるので海水浴を楽しむこともできます。しかし、年によっては晴れの日が少なく雨が続くこともあります。

服装は薄手の長袖が基本ですが、気温が上昇すれば半袖で過ごすこともできます。急に寒くなることもあるので長袖やカーディガンなどの羽織ものが1~2枚あると安心です。

梅雨(5~6月)

5月、6月の服装

奄美大島の梅雨は沖縄に次いで早いです。平年5月中旬~6月下旬頃が梅雨の時期になります。本土の梅雨とは違いスコールのような突発的な雨が降ることも。

ジメジメと蒸し暑い雨の日や曇天が毎日続くこともありますが、カラッと晴れる日や、年によっては雨があまり降らない空梅雨のこともあります。

この時期は毎日蒸し暑いので半袖で十分過ごせますが、心配な方は薄手の羽織ものが一枚あると安心です。

夏(7~8月)

7月、8月の服装

梅雨が過ぎれば奄美はもう夏です!晴れの日が多く、日差しもとても強いです。日照時間は年間を通して一番多い時期になります。またこの時期は台風シーズンで、平均して月に1~2個程度台風が接近することもあります。

日差しは本土とは違い、肌がヒリヒリと痛むくらい強いです。そのため、日傘や日焼け止めは必須!海水浴をするときも水着だけでは数時間でヤケドをしたように真っ赤になってしまいます。

気温はとても高いですが、本土のように35度を超えることはほとんどありません。高くても32~34℃で平均して30℃前後となります。本土と比べて湿度もそれほど高くなく、カラッとした暑さなので比較的過ごしやすいでしょう。

この時期は日差しがとても強いため日焼けをしたくない場合は、長袖や薄手の羽織ものを羽織るのがおすすめです。帽子などもしっかりとかぶり日焼け対策をしましょう。

秋(9~11月)

9月~11月の服装

9月はまだまだ残暑が厳しいですが、10月になると涼しい日も増えてきて過ごしやすい時期です。晴れた日の昼間は暑い日もありますが、朝夕はひんやりと冷え込むこともあります。晴れた日は海水浴を楽しむこともできるでしょう。

9~10月は7~8月に次いで台風が多いシーズンです。11月になると気温もだいぶ下がってきて肌寒い日もあります。また季節の変わり目である9月~11月は雨も比較的多いです。

9~10月はまだまだ半袖でも十分過ごせます。しかし、朝夕は冷え込むこともあるので長袖や羽織ものが1~2枚程度あると安心です。11月になると冷え込む日が多いので長袖がおすすめです。

冬(12~2月)

12月~2月の服装

12月になると奄美もすっかり冬です。強い北風が吹き曇りの日が多くなります。1月初旬頃は晴れの日もあり、晴れた日は20℃まで気温が上昇することもあります。

1~2月は最低気温が10℃を下回ることがまれにありますが、平均気温は15℃と本土に比べれば暖かいです。1月下旬頃になると本土より一足早く緋寒桜(ヒカンザクラ)が咲き始めます。

この時期は風が強くとても寒く感じることも多いのでジャケットやブルゾンなどを羽織ると安心です。10℃を下回ることはめったにないので手袋などは必要はないでしょう。首元はマフラーよりもかさばりにくいネックウォーマーや薄手のストールがおすすめです。

奄美の平均気温

スポンサードリンク
 

関連記事

return top