奄美市歴史民俗資料館☆島の貴重な資料などを見学できるスポット

奄美市歴史民俗資料館は、奄美の昔の人々の暮らしを知ることができる貴重な資料館です。

笠利町内から出土した考古資料をはじめ、奄美の人々が使用してきた農具や機織り機など器具、家財道具、衣服、宇宿貝塚で発見された弥生時代の人骨、ハブやアマミノクロウサギ、海ガメなどの海の生き物たちの剥製などが展示されています。

とても貴重なものが多数展示されており、島の文化や風俗、人々の生活様式などを知ることができます。

あやまる岬の近くにあるのであやまる岬を観光する際にぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

基本情報

  • 住所:奄美市笠利町大字須野670
  • 開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:月曜日、祝祭日の翌日、12月28日~31日
  • 入館料:大人200円、大学・高校生100円

奄美市歴史民俗資料館への行き方

【車】空港から10分(地図でルートを確認する

【バス】「空港(佐仁行き)」乗車⇒「アヤマル岬バス停」下車、徒歩2分

スポンサードリンク
 

関連記事

return top