奄美北部「笠利町」の観光スポットを自転車でめぐる旅プラン 前編

サイクリング

奄美大島はレンタカーがないと移動は不便などと言われています。しかし、レンタカーがなくても旅行を十分楽しむことはできます。

そこでここでは路線バスや自転車で観光スポットをめぐる旅行プランをご提案したいと思います。

笠利町を自転車でめぐる旅プラン

まず奄美北部の笠利町を自転車でめぐるプランをご紹介します。笠利町は奄美大島の中でも平坦な道が多いですが、アップダウンが激しいところもあります。

今回提案するプランは平坦な道が続く海沿いを中心にピックアップしたので体力に自信がない方でも楽しく観光することができるでしょう。ほとんどのスポットが幹線道路の県道沿いにあるので分かりやすいのもポイントです。

路線バスが通る幹線道路なので自転車ではなく、路線バスでの移動もできますよ。

まずは自転車を借りよう!

奄美大島で自転車を借りると言っても笠利町にはレンタサイクル店はほぼありません。しかし、ホテルによっては自転車貸出を行っているところもあるのでご紹介します。

コーラルパームス
(料金:1日3,000円(宿泊者以外も利用可能))

このほかあーりーばーどでも自転車の貸出を行っているようです。

サイクリングロードを走って奄美の自然を満喫しよう

笠利町には奄美空港からあやまる岬までの海岸線を通るサイクリングロードがあります。海からの風が心地よく、アダンやソテツ原生林を観察することもできます。奄美の自然を思う存分満喫でき、海を眺めながら気持よくサイクリングできますよ。
サイクリングロードのルートを地図で確認する

サイクリングロード沿いには奄美で一番美しいと言われる土盛海岸があります。海水浴やシュノーケリングが楽しめるのでぜひ立ち寄ってみましょう。

土盛海岸

サイクリングロード終着点のあやまる岬は人気の景勝地で、サンゴ礁の美しい海を一望することができます。ここもぜひ訪れてみましょう。

あやまる岬

歴史好きにおすすめスポット

歴史好きにおすすめなスポットが宇宿(うしゅく)集落です。宇宿には奄美市歴史民俗資料館宇宿貝塚史跡公園をはじめ、国指定重要文化財の古民家や県指定史跡の墓群などがあります。

歴史好きでなくても奄美の暮らしを知ることができるので貴重な体験をすることができるでしょう。

大島紬の小物作りを体験しよう

宇宿には大島紬の織り体験や着付け体験、小物作り、珊瑚ブレスレット作りなどを体験できるスポットがあります。興味がある方はぜひチャレンジしてみましょう!おみやげにもなるのでおすすめです。

また、大島紬や大島紬の小物、特産品なども購入できます。
まえだ絹織物

奄美最北端に行ってみよう!

せっかく奄美を訪れたらなら最北端の地に行ってみませんか?

奄美最北端の地には笠利崎灯台があります。灯台からは太平洋を一望することができ、最高のロケーションです。また、灯台の麓には『夢をかなえる「カメ」さん』のモニュメントがあります。このカメさんに触れると願いが叶うんだとか。

笠利崎灯台
笠利崎灯台&夢をかなえる「カメ」さん

笠利崎灯台まで行く途中にはステンドグラスが素敵なカトリック教会があります。内部を自由に見学できるので、ぜひここも立ち寄ってみてくださいね。

奄美北部「笠利町」の観光スポットを自転車でめぐる旅プラン 後編へ続く

スポンサードリンク
 

関連記事

return top