一足先にお花見を楽しめる!緋寒桜を見られる奄美の桜スポット3つ

緋寒桜

奄美大島では1月から2月にかけて本土よりも一足先に桜が咲き始めます。奄美の桜は本土の桜とは種類が違い『緋寒桜(別名寒緋桜)』という種類になります。

ソメイヨシノは淡いピンク色をしていますが、緋寒桜はソメイヨシノよりも濃いピンク色をしていて、下向きに咲いているのが特徴です。緋寒桜の見頃は1月下旬~2月中旬頃で早い年では年明けすぐに開花することもあります。

ここでは緋寒桜を見られるスポットや桜を楽しめるウォーキングやマラソン大会をご紹介したいと思います。夏とは違う奄美の冬の楽しみ方。ぜひ一足早いお花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

緋寒桜の名所

本茶峠(ふんちゃとうげ)

龍郷町にある旧国道の峠道です。奄美では有名な桜の名所で約1,000本の桜が植えられています。休憩所もあるので休憩がてらお花見もできます。バス停からは遠いので車でのアクセスがおすすめ。

長雲峠(ながくもとうげ)

龍郷町にある長雲峠の自然観察の森の入り口付近に桜並木が広がっています。深い森の中なので車がないと行くことは難しいです。

奄美フォレストポリス

大和村にある奄美の自然を満喫できる森林公園で、約1,000本の桜並木が広がっています。森の中を散策するコースもあり、緋寒桜以外にも珍しい木や植物を見ることができます。

このほか、住用村の川内や宇検村の湯湾岳展望台も桜がきれいなスポットです。また、国道や県道沿いにも緋寒桜が植えられているのでドライブや路線バスに乗りながら桜を楽しむことができます。

桜を楽しめるウォーキングやマラソン大会

まほろば大和ウォーキング大会

3種類のコースがありその1つに桜並木散策コース(所用時間:約1時間30分)があります。毎年1月下旬~2月頃に開催されます。

奄美観光桜マラソン

3.5km、5km、10km、15.5km、ハーフマラソンコース(21.0975km)のコースがあります。花見コースは15.5km。毎年2月上旬頃開催されます。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top