初心者でもできるダイビングやシュノーケリングを楽しもう!

ダイビング

奄美大島の代表的なマリンレジャーといえばダイビングやシュノーケリングです。

奄美にはダイビングスポットも多く、ダイビング目的で来島する方も多いのだとか。せっかく奄美を訪れたならダイビングやシュノーケリングを楽しんでみませんか?

「でもダイビングはライセンスがないし…」という方もご安心を!ダイビングはライセンスがなくても実は潜ることができるのです。ライセンスがなくても潜れるダイビングを『体験ダイビング』といいます。

インストラクターが機材や、潜り方、呼吸の仕方までていねいに教えてくれるので初心者でも安心。奄美には多くのダイビングショップがありますが、なかでも初心者におすすめなのが『珊瑚茶屋』です。

珊瑚茶屋は初心者をメインとしたダイビングショップで少人数制なので、その人のレベルに応じて練習方法を変えたり、泳ぎが苦手な方はインストラクターがしっかりとフォローしてくれます。

それでも不安という方はシュノーケリングでも奄美の海を十分楽しめるのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

珊瑚茶屋の基本情報

  • 住所:奄美市住用町見里415
  • 電話:0997-69-5210
  • 料金:体験ダイビング&マングローブカヌー1DAYツアー(13,000円)、体験ダイビング半日コース(12,000円)、シュノーケリング&マングローブカヌー1DAYツアー(7,000円)
  • ホームページ:http://www.amamideasobu.com/

笠利町・龍郷町のダイビングショップ
名瀬・瀬戸内町のダイビングショップ

ダイビングについて

ダイビングは主に『ファンダイビング』と先に説明した『体験ダイビング』があります。

ファンダイビングはライセンスを持っている方を対象にしたダイビングで細かく分けると『ボートダイブ』と『ビーチダイブ』があります。

ボートダイブは船でダイビングポイントまで行き、船がエントリーの基点となるダイビングで、ビーチダイブは陸から行なうダイビングになります。

体験ダイビングも同じようにビーチダイブとボードダイブがあります。ちなみに、ボートダイブよりもビーチダイブの方が料金は安めです。

奄美大島は年間を通して温暖なので真冬でも水温は20度前後です。そのため真冬でもダイビングを楽しむことができます。夏と冬の海で見れる海の生き物も違ってくるので年中楽しめますよ。

ダイビングの注意点

1.ダイビングは飛行機で帰る日は潜ることができません。これは気圧の影響によるためです。そのためダイビングをする場合は、前日までにしましょう。

ちなみに、着いた日は水分補給をしっかりと行えば可能です。しかし、疲れていたり集中力が低下している場合は、時間を開けてから行うか、その日は止めることも大事です。

2.ダイビングはいつでもできるというわけではありません。潜れるかどうかは天候により左右されます。特に台風の前後など海が荒れている日は潜れません。雨の日は海が荒れていなければ潜ることができます。

3.心臓疾患や喘息などの呼吸系の疾患、耳鼻の疾患、神経や精神の疾患、糖尿病などの持病がある場合はダイビングできない場合があります。

スポンサードリンク
 

関連記事

return top