【奄美】奄美大島への行き方

奄美への行き方

奄美大島は、主要都市から直行便があるのでとても行きやすい島です。2014年4月にはバニラエアが成田⇔奄美大島線の運航を開始し、金銭的にもますます行きやすい島になりました。

ここでは奄美大島への行き方について詳しくご紹介します。

飛行機で行く

飛行機は、東京(羽田/成田)・大阪(伊丹)・福岡・鹿児島・沖縄から直行便があります。

飛行機でのアクセス

東京から

JALが羽田空港から、バニラエアが成田空港からそれぞれ1日1便運航しています。所要時間は約2時間25分~2時間45分。運賃はJALが(スーパー)先得などを利用すると片道15,000円~20,000円前後、バニラエアが片道5,840円~です。

バニラエアは不定期に登場するセール「わくわくバニラ」で片道1,980円なんてことも。セール情報はメルマガやLINEなどでお知らせしているので、購読や友だち追加しておくと便利です。

また、バニラエアは北海道(札幌)発着便もあるので、北海道ならバニラエアを乗り継いでとても安く奄美大島へ行くこともできます。

運賃や発着時刻は時期によって変わるので詳細はバニラエアのホームページを確認してください。

大阪から

JALが伊丹空港から1日1便(夏休みと年末年始は1日2便)運航しています。所要時間は約1時間30分で、運賃は(スーパー)先得を利用すると15,000円前後です。

福岡から

JALが福岡空港から1日1便運航しています。所要時間は約1時間20分で、運賃は先得を利用すると13,000円前後です。

鹿児島から

JALが鹿児島空港から1日7便運航しています。所要時間は約50分で、運賃は先得を利用すると13,000円前後。便数が多いので、直行便がない地域からは鹿児島空港を経由すると便利です。

【鹿児島空港への就航路線】
・名古屋(中部)発:ジェットスター
・神戸発:スカイマーク
・大阪(関西)発:ピーチ
・静岡発:FDA(フジドリームエアラインズ)
・松山、名古屋(中部)発:ANA

沖縄から

JALが那覇空港から1日1便運航しています。所要時間は約1時間で、運賃は先得を利用すると15,000円前後です。那覇空港にもLCCが就航しているので沖縄を経由する方法もありです。おそらく乗り継ぎが可能であろう路線をピックアップします。

【那覇空港への就航路線】
・名古屋(中部)発:スカイマーク
・大阪(関西)発:ピーチ、ジェットスター
・神戸発:スカイマーク、ソラシドエア

※格安航空の空席状況などはLCC.jpから検索でます。
※各運賃はシーズンや年末年始以外の運賃です。シーズン中や年末年始は先得などの割引運賃でも高い傾向にあります。

フェリーで行く

フェリーは鹿児島と沖縄からマルエーフェリーとマリックスラインが台風などの悪天候以外を除き、毎日交互に運航しています。時間はかかりますが船旅を楽しみたいという方におすすめです。

フェリーでのアクセス

ちなみに、鹿児島からは鹿児島新港から、沖縄からは那覇新港と本部港から出港します。鹿児島からの便を下り便、沖縄で引き返して鹿児島へ行く便を上り便と言います。

客室は2等(和室/洋室)、2等寝台、1等、特等があります。運賃は一番安い2等和室で9,050円(洋室10,070円)、寝台だと少し高めの13,580円です。

和室は基本雑魚寝なので、ひとり旅なら洋室や寝台がおすすめ。ただ、2等洋室があるのはマリックスラインのクイーンコーラルプラスのみなので、洋室を利用したい場合は運航ダイヤをチェックしておきましょう(寝台はどのフェリーにもあります)。

所要時間は鹿児島からが約11時間、沖縄からが約13時間です。

>>マルエーフェリーはこちら
>>マリックスラインはこちら

ちなみに、鹿児島新港は鹿児島中央駅からタクシーで約10分です。鹿児島新港行きの路線バス(ポートライナー)もあります。乗り場は東5番(アミュプラザ前)で、運賃は160円、所要時間は約25分です。

>>時刻表の検索はこちら

また、鹿児島新港だけではなく、鹿児島本港北埠頭から出るフェリーもあります。ただし、毎日運航しているわけではなく週5日程度の運航になります。

>>北埠頭からの時刻表と運賃はこちら
>>鹿児島本港北埠頭へのアクセスはこちら
>>那覇新港と本部港へのアクセスはこちら

スポンサードリンク
 

関連記事

return top